FC2ブログ
2009.11.20 融資について
銀行員は、お客様を大事にする。

それは良いことであろう。

ただ、残念だが色々組み立ててみて買えない場合も

お客様にはっきり言わないことがある。

物件が良ければなどと言ったりする。


こちらで融資付けをして銀行員から、難しいですねと

私の方へ言われた時、ご本人にどのように伝えるか。

その時、私ははっきりお伝えする。

ほんとに物件の評価が足りないこともある。

そういうのは当然、そのようにお伝えする。



そうしないとご本人もその銀行に

行って、物件がとお断りを受けたら

また物件を探してそちらに持ち込んでいくだろう。


かなり鬼の発言である。

果たしてそれがいいのか。

今もまだ迷う事しばしばである。

購入期待したお客様の胸の内を思うと

こちらも胸が痛い。


ただ、違う銀行で対応する可能性があるから

それで全てを否定するわけではない。



現在お借入の金利を銀行に見直して貰えそうなら

そのような動きはしたほうが絶対よい。

返済率の計算した場合に高金利だとさらに厳しく見る。



全体のバランス。

全て融資はこれに尽きる。




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://madamerose01.blog71.fc2.com/tb.php/16-82ebf006