上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それぞれの投資スタイルがある。

地方物件を高利回りで回す方。

戸建賃貸。区分賃貸。都市近郊及び都内物件。


どれにしろみなかなりの努力である。


土地があって、○×建託や△△パレスなど

もしくは銀行とか色んな人に勧められるがままに

うわものを建て、大家さんになった人達。

そういう物件では、家賃保証があればいいだろうが

そのうち苦戦することも出て来るだろう。


他にも借入がなく半分空きになっても放置したままの場合もある。

相続物件にありがちである。

・・・もったいない。



物件の立地、地域特性、物件の間取り、周辺状況。

全て違うから自分で何が空室対策に有効かよく見極める。

時代の流れも把握して。


今の賃借人は手強い。

家賃交渉もかけてくるの人も年々増えてくる。

色んな情報がどんどん出るから。

あまり賃貸人寄りの情報も困ったものだ。

うまく折り合わせつつ、オーナー側は対処したい。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://madamerose01.blog71.fc2.com/tb.php/7-02f1f65e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。